あなたの予約が飲食店や宿泊施設を追い込んでいる?予約サイトの裏側を解説!

あなたの予約が飲食店や宿泊施設を追い込んでいる?予約サイトの裏側を解説!の画像 ビジネス
この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益化を目指しています!
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

予約サイトを利用していると、飲食店やホテルに迷惑がかかる、ということを知っていますか?

予約サイトって便利じゃん!

と思っているあなた

 

飲食店や宿泊施設に迷惑をかけているかもしれません

 

ということで、今回は知らぜらる予約サイトの裏側について解説していきます

全てではないのですが、大手と呼ばれる予約サイトの多くが該当するので、事実を知ってほしいです

 

それでは、早速解説していきます!

 

利用者に付与されるポイントについて

予約サイトを利用するときに、金額に応じてポイントが付与されますよね

あの付与されるポイントは、予約サイトが利用者に対して付与している、と思っていませんか?

実は、利用者に付与しているポイントを飲食店が肩代わりしている場合があります

 

例えば
5000円の中華コースを利用者が予約
→支払いの5%を利用者に付与
つまり、250円分の金額が利用者に返金される、という形です
このときの250円は飲食店側が負担しています

たかが250円なら大丈夫でしょ?

と思ってしまった人は損をしていることもあります

 

5000円のコースを4750円で提供しているわけです

もし、あなたが飲食店を運営しているオーナーだったとして、全く同じサービスを提供したいと思いますか?

 

察しの良い人であれば気づくと思うのですが、実は少しだけサービスが異なっている場合があります

 

同じ予約サイトから5000円のコースを20人分予約しただけで1人分をタダで提供しているわけですからね

 

飲食店も慈善事業でやっているわけではないので、一品少ないとか、選ぶことができるドリンクが異なるなどで差額を埋めているのです

 

それを考えると、「たかがポイント、されどポイント」ですよね

 

予約サイトに表示されている価格について

予約サイトに表示されている価格について、適正価格と思っていませんか?

実は、予約サイトによって操作されている可能性があります

 

例えば、予約サイトから飲食店に対してコンサルと称して、表示している金額について変更をする、ということです

 

特に、以下のようなサイトが影響を受けています

ホームページが無い飲食店
予約が少ない飲食店

このような飲食店は、予約サイトからの予約だけが頼りになってしまいます

 

自力で集客ができない飲食店は、予約サイトの言いなりとなってしまい、結果として赤字になってしまうのです

 

予約サイトは集客をするために、安い金額を載せることを強要されてしまいます

それだけでなく、予約サイトに掲載している間は予約サイトへの掲載料を支払う必要もありますからね

結果として、元を取ることができないのです

 

もしお気に入りの飲食店を見つけたら、2回目以降は直接予約してあげてください

 

まとめ

飲食店のことばかり紹介していますが、実はホテルなどの宿泊施設でも同じことが起きています

・ポイントは飲食店側負担になっている場合があるので、予約サイト経由の予約と飲食店への直予約ではサービスに差があることを知っておく
・1回目は予約サイト経由でも良いが、2回目以降の予約は直接予約してあげる方が飲食店にとってはありがたい
・全ての予約サイトに当てはまることではないので、直接予約の方が嬉しいかどうかを聞いてみるのもあり

お気に入りの飲食店が運営できなくなるのは、利用する側としては寂しいですよね

なので、出来る限り、直接予約してあげてくださいね!

 

TwitterのDMでは、

・どのような副業をすれば良いのか

・クラウドソーシングでの受注率を高める方法

・お金持ちになるにはどうすれば良いのか

・単純に話を聴いてもらいたい

などの相談を受け付けています

心理カウンセラーの資格も持っていますので、気軽にご相談ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました