お金を貯めたいなら見直すべき!車の維持費を節約する8つの考え方

お金を貯めたいなら見直すべき!車の維持費を節約する8つの考え方 節約

【自動車関連費用についての節約】
車の税金や維持費が高いです
どうすれば節約することができるのでしょうか

今回は、このような質問について回答していきます

 

  • 車を持っているけれど必要経費を抑えたい人
  • 車の購入を考えているけれど何に費用が掛かるのか知りたい人
  • 車を購入しようか迷っている人

このような人向けの記事となっています

この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益の積み上げが出来ています。
また、マネーリテラシーを高めることで、1年で200万(100万の株式資産・100万の預金)を貯めることができました。
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

この記事でお伝えするのは「車の維持費を節約するため8つの考え方」です

役立つ情報を提供していますので、1つの考え方だけでも参考になれば嬉しいです

 

それでは早速、解説していきます

 

1.車を保有する目的と使う頻度を確認する

1つ目は、なぜ車を保有するのか、というところを考えてみましょう

 

こんなことが節約になるの?

と思いますよね

 

これが車関連費用の節約の第一歩と言ってもおかしくありません

 

お金の使い方もそうですが、何に使っているのかなぜ使っているのかを明確にすることで、必要ないものを少なくしていくことができるからです

 

さて、少し話が脱線してしまいましたが、多くの人が車を保有する目的として挙げているのが、以下の3つです

  • 通勤に必要なため
  • 買い物に必要なため
  • 子供の送り迎えに必要なため

 

さてここで、車でなければ達成できない目的なのかについて考えてみましょう

  • 近くに激安スーパーがないから、車で離れたところに行って購入する

これを解決する方法として、ネットスーパーを利用すると車が必要ないですよね?

 

このようにして、「本当に車が必要となる場面だけを考えてみる」ことが大事です

宅配にしてみたり、通勤に自転車を利用してみたりなど、置き換えることができるものは置き換えてみましょう

 

そして、使う頻度としては以下の4つ

  • 毎日
  • 平日のみ
  • 週末のみ
  • 不定期

 

毎日や平日のみという場合は、車を持っている方が便利ですね

ですが、週末のみや不定期であれば、駐車場代・車検代などの維持費と見合わない使い方をしている可能性が高いです

週末のみや不定期で利用している人で、車の使い方を見直してみようかなという人は、8番目に説明している「レンタカーやカーシェアリングを活用する」を参考にしてみてください

 

2.維持費の安い車を選ぶ

2つ目は、維持費の安い車を選ぶ、ということを考えてみましょう

ソニー損保が実施している調査結果によると、車の維持費は平均で1万900円(1か月あたり)

これを基準に1か月辺りの費用を見直してみると、今よりも安くなる可能性が高いです

 

ただ、ここだけの話、この平均金額は調査依頼初の低水準となっているそうです

維持費が低い車が増えたということではなく、維持費が必要ない車を利用している人が多くなっている、と考える方が自然ですよね

 

 

3.燃費の良い車を選ぶ

3つ目は、燃費の良い車を選ぶ、ということを考えてみましょう

 

一般的に燃費の良い車と言われているのは以下の順です

  1. 軽自動車
  2. コンパクトカー
  3. ハイブリッド車
  4. 電気自動車

 

もし、上記の車に該当しないようであれば、買い替えを検討してみるのもおすすめです

ソニー損保が実施している調査結果によると、「ガソリン代・燃料代」を負担に感じるドライバーは2年連続で減少しているそうです

 

とはいえ、ガソリン代や燃料代は維持費全体の2割~3割を占める要素となっています

ここは、できる限り削減すべきポイントですし、削減が可能なポイントにもなります

 

 

4.税金や保険料が安い車に買い換える

4つ目は、税金や保険料が安い車に買い換える、ということを考えてみましょう

 

ソニー損保が実施している調査結果によると、ドライバーが負担に感じるもののTOP2に「車税」が挙げられています

 

ご存じない方のために詳しく記載をさせていただきますが、車には2つの税金が課せられています

まずは、軽自動車税・自動車税です

わかりやすいように、表にまとめてみました

軽自動車税 900円(月額) 1万800円(年額)
自動車税 2500円(月額)(※最安値) 3万円(年額)(※最安値)
9200円(月額)(※最高値) 11万円(年額)(※最高値)

 

次に、自動車重量税です

車の重さによって変わってきますが、安くても9000円、高いと5万円ほどになってきます

こちらは車検の時に納める税金となっています

車税を安く抑えるためには、軽自動車やコンパクトカーがオススメです

 

最後に、保険料です

ここで説明する保険料は自賠責保険料についてです

自賠責保険料は車種によって異なり、約2万2000円ほどとなっています

自動車重量税と同じく、車検時に納める保険料となっています

 

ここで必要な費用については、基本的に節約をすることができません

節約をしようと考えるのであれば、軽自動車一択になってしまいます

 

 

5.任意保険を見直す

5つ目は、任意保険を見直す、ということを考えてみましょう

 

4つ目では自賠責保険に触れましたが、ここでは任意保険について触れていきます

任意保険は一般的に自動車保険と呼ばれており、自賠責保険では保証できない部分を補償するために必要とされています

 

任意なので必要ない、という人もいますよね

実際、それでも問題はありません

ですが、2017年の調査では車を持っている人の7割が加入しているというデータもあります

7割の人は、負担が増えるけれども、万が一に備えてということでしょうね

 

とはいえ、加入したとしても自賠責保険と違って自分で調整することができるので、内容や金額を見直すことで節約することができます

その場合は、複数の保険会社に見積もり依頼をすることができる、一括見積りサービスを利用するのがオススメです

 

6.車検やメンテナンス費用を抑える

6つ目に、車検やメンテナンス費用を抑える、ということを考えてみましょう

 

ソニー損保が実施している調査結果によると、ドライバーが負担に感じるもののTOP2に、「車税」だけでなく、「車検・点検費」がランクインしています

つまり、車税と同じくらいに負担になっているのが車検やメンテナンス費用なのです

車検費用として、5万円~15万円も必要となります

メンテナンス費用として、エンジンオイルやタイヤ交換などを合算すると、年間で4万円~7万円も必要となります

 

節約するにも、必要経費なので下げることは簡単ではないです
ただ、車種によって変わってきますので、節約するのであれば、軽自動車がオススメです

 

 

7.料金の安い駐車場を使う

7つ目に、料金の安い駐車場を使う、ということを考えてみましょう

 

一軒家に住んでいる人や、駐車場付きのマンション・アパートに住んでいる人であれば、この部分は読み飛ばしていただいて大丈夫です

(ただし、駐車場付きのマンション・アパートに住んでいる人で、駐車場代を支払っている人はぜひ読んでください)

 

駐車場代を節約する5つの方法をご紹介します

 

  • 1.駅から距離がある所の駐車場を使うこと
    • 駅から遠いと利便性が失われるため、駐車場を安めの金額で提供しているところが多いです
  • 2.会社と交渉して駐車場代を出してもらうこと
    • 車通勤の場合、かなり交渉しやすいです
    • というのも、交通費としてガソリン代を申請することができるからです
    • 会社の業績によって変わってくるので、業績が良い時に交渉してみるのがオススメです
  • 3.駐車場シェアサービスを使うこと
    • 最近は、車だけでなく駐車場もシェアできるサービスが提供されています
    • このサービスを利用すると、駅チカで金額高めの駐車場であっても、安い金額で利用することができます
  • 4.最大料金を確認して利用すること
    • 時間貸しをしている駐車場になりますが、場所や運営している会社によって最大料金が変わってきます
    • 家の周りを散歩して探してみると良いですよ
  • 5.個人で貸している駐車場を探すこと
    • 個人貸しの駐車場は、会社が運営している駐車場よりも金額がや安めに設定されています
    • また、金額交渉することも可能なので、個人貸しがオススメです

 

駐車場代を節約する5つの方法をご紹介しましたが、それぞれの事情によって利用できる方法が変わってきます

ぜひ、自分に合った方法を見つける参考にしてください

 

8.レンタカーやカーシェアリングを活用する

8つ目に、レンタカーやカーシェアリングを活用する、ということを考えてみましょう

 

レンタカーやカーシェアリングを利用することで、車の維持費が必要なくなります

例えば、駐車場代や車検代など

また、車の購入費用など初期費用も節約することができるので、かなりオススメです

私自身も利用しており、レンタカーとカーシェアリングを利用する場面によって使い分けています

チャイルドシートが必要な時はレンタカーを利用し、一人や大人だけの時はカーシェアリングを利用する

このようにして使い分けることで、チャイルドシートなど必要なものを購入する費用も節約することができます

1日借りても10,000円でお釣りが来るぐらいなので、使い勝手としては良い方だと感じています

ただし、初期登録や月々の費用が必要だったり、近くにレンタカーやカーシェアリングできる場所がないということもありますので注意が必要です

 

まとめ

車の維持費を節約する8つの方法について紹介してきました

車の維持費は家計にも大きな負担となり、お金持ちになるためには見直すべきお金の流れになります

ぜひこの記事を機会に、車の維持費を見直してみましょう!

 

Twitter「@KyoSideworker」でもお役立ち情報を配信しています

ぜひフォローをお願いいたします!

その際には、ぜひ一言いただけると嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました