お金を貯めたいなら見直すべき!食費を節約する7つの方法

お金を貯めたいなら見直すべき!食費を節約する9つの方法 節約

【食費についての節約】
食費節約でどんなところを気を付けていますか?

今回は、このような質問について回答していきます

 

  • 食費節約のコツを教えて下さい
  • 食費の節約がどうしてもできない

このような人向けの記事となっています

 

1つの方法であっても役立つ情報を解説していますので、参考になれば嬉しいです

それでは早速、解説していきます

 

この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益の積み上げが出来ています。
また、マネーリテラシーを高めることで、1年で200万(100万の株式資産・100万の預金)を貯めることができました。
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

 

1か月に利用する予算を決める

1つ目の方法としては、1か月に利用する予算を決める、という方法

 

この予算を超えないようにするには、1週間にどれくらいの金額を利用するのか、1回の買い物でどれくらいの金額を利用するのか、について明確にすることができます

 

明確にすることができれば

不要なものを買わないようにしよう

という意識が働きます

 

その結果として、食費の節約に繋がるのです

もちろん、予算を決めたら振り返りも大事ですよ

 

以前に私は一人暮らしをしていた時に、1か月の食費を1万円と決めて自炊していました

とはいえ、外食もたまにはしたいですよね

なので、1か月の食費が余ったら、それを外食費として利用していました

 

ですが、4人家族なのに1万円など厳しいですよね

 

基準として挙げられているのは、食費は月収の15%が理想的、ということです

 

世帯収入437万(全世帯の中央値)で考えてみましょう

月々に換算すると364,166円

そこから15%ということは、54,624円

つまり、54,000円が1か月の食費として利用することができます

 

余ったお金を翌月の食費に利用して外食を増やすことも良いですし、別のものを購入する費用にするのも良いですね

 

フードロスを減らすことを意識する

2つ目の方法としては、フードロスを減らすことを意識する、という方法

 

  • いつ買ったかわからない食品が冷蔵庫の奥底に隠れていませんか?
  • 安かったからと言って大量買いして冷蔵庫にストックして放置していませんか?
  • 冷凍焼けした冷凍食品がストックされていませんか?

正直、これらは勿体ないです

 

結局は食べることなく、捨ててしまうことになるからです

この、フードロスを防ぐ4つのコツがあるので、解説しますね!

 

スーパーの見切り品をメインに献立を考えてみる

1つ目のコツは、スーパーの見切り品をメインに献立を考えてみる、ということ

 

野菜や賞味期限が近いものは、スーパーの見切り品コーナーにまとめられています

そこを見て、今日の献立や明日の献立を考えてみると良いです

 

賞味期限が近いということは、購入した日や翌日には使い切らないといけない、ということになりますからね

つまり、冷蔵庫のストックを少なくできることに加えて、購入費用も少なくなります

 

訳アリを取り扱っているサイトを利用する

2つ目のコツは、訳アリを取り扱っているサイトを利用する、ということ

 

特にオススメしていて、私自身も利用しているのが、干物や肉など冷凍できる食品を購入することです

 

冷凍しているので日持ちがしますし、訳アリと言っても品質が悪いということではないので、格安で良い商品が手に入るのは嬉しいことです

 

また、販売元のフードロスのお手伝いができるのも嬉しいですよね

とはいえ、買いすぎにはご注意を!

 

訳アリを取り扱っているサイトだけでなく、ふるさと納税の返礼品として訳アリを取り扱っている自治体もあるので、節税にもつながってよりお得ですよ

 

宅配を利用する

3つ目のコツは、宅配を利用する、ということ

 

有名なのはパルシステムですよね

知り合いが利用しているのですが、必要なものを必要な分だけ届けてくれるので、買いすぎることがないとのことでした

 

必要な分だけを購入するので、食品のロスがしにくいという効果があります

 

家庭菜園を利用

4つ目のコツは、家庭菜園を利用する、ということ

 

テレワークが増えていると共に、家庭菜園を始める人も増えているそうです

 

某テレビ番組では、スーパーで買ってきた野菜の種を使って、家庭菜園を作れることをを紹介していました

 

プランターを買ったり、土を用意したりと大変ではありますが、簡単に育てることができる野菜もあるので、挑戦してみると良いですよ

 

自分で必要な分だけを収穫することができるので、結果としてフードロスを回避することができます

 

冷蔵庫にある食材から献立を考える

3つ目のコツは、冷蔵庫にある食材から献立を考える、ということ

 

よくやってしまうのは、レシピから献立を考えてしまうことですよね

 

実は、これが一番良くない買い物の仕方です

 

例えば

カレーが作りたいから人参と玉ねぎと。。。

というよりも、

冷蔵庫に野菜の余りが多いからカレーにしようかな

という方が圧倒的に買い物をする量を減らすことができます

 

そして、買い物に行くときには必ず買い物リストを用意しましょう

 

リストを用意することで、不必要なものを買ってしまうことを防ぐことができます

「リストに載っていないから買うのをやめておこう」

という感じですね

 

食材別にお店を使い分ける

4つ目のコツは、食材別にお店を使い分ける、ということ

 

同じスーパーであっても、A店では野菜が安く、B店ではお肉が安い、ということがよくあります

 

出来る限り、安いスーパーを探したり、お店ごとの特徴を気にして買い物をすると、食費の節約に繋がってきます

 

また、出来る限りコンビニを使うことを避けたり、プライベートブランド商品を利用するのも節約に繋がります

 

同じ商品をコンビニで購入するよりも、スーパーやドラッグストアで購入する方が割安になりますし、その中でもプライベートブランドを選ぶとより割安となります

 

私はこれを知って、出来る限りコンビニではなくドラッグストアで購入するようにしています

昔のドラッグストアと違って、飲料品や食料品が充実していますしね

 

外食よりもおうちごはんの割合を多くする

5つ目のコツは、外食よりもおうちごはんの割合を多くする、ということ

 

やはり、食費の節約には自炊が欠かせません

 

1か月に利用する予算を決める、で利用した1ヶ月分の食費で考えてみましょう

1ヶ月で54,000円でしたよね

1ヶ月30日だとして、1日に利用できる食費は1,800円

 

例えば

  • ほっともっとのしょうが焼き弁当(500円)を3食ほど
  • ピザーラのマルゲリータMサイズ(1800円)が1枚

となります

 

一人暮らしであれば良いかもしれませんが、家族がいるとこれだけでは難しいですよね

 

自炊にすると、食事の量を作る人が決めることができるので、栄養バランスの偏りもなくなり良いことづくめ

ただ、作りすぎだけにはご注意を

 

キャッシュレス決済で支払う

6つ目のコツは、キャッシュレス決済で支払う、ということ

 

キャッシュレス決済とは、クレジットカード決済やQRコード決済などのことです

 

なぜ、キャッシュレス決済をオススメしているのか

それは、おまけでもらうことができるポイントが大事だから

 

例えば

  • nanacoを使うことで200円ごとに1ポイント
  • 楽天ペイを使うことで200円ごとに1ポイント(裏技を使えば1.5ポイント)

など

 

これらのポイントを貯めて現金の代わりに利用することで、割安で食材を購入することができます

結果として、食費を抑えることにも繋がります

 

ただし、ポイントを目的とした買い物になってしまうと意味がないので、ポイントはおまけ程度に考えておきましょう

 

野菜は作り置きおかずにする

7つ目のコツは、野菜は作り置きおかずにする、ということ

 

野菜は冷蔵庫に入れておいたり、キッチン近くにそのまま置いておくと、通常よりも早く劣化してしまいます

 

これを防ぐためには、作り置きおかずにすると良いですよ

 

例えば

  • きゅうりやミニトマトをピクルスにする
  • ブロッコリーは塩ゆでして冷凍しておく

など

 

野菜だけでなく、お肉も同じように冷凍保存しておくことで、長持ちさせることができます

 

ただし、冷凍焼けしてしまうと美味しく食べることができないので、できる限り冷凍してから2週間以内に使いきることを目標にしましょう

 

まとめ

  • 1か月に利用する予算を決める
  • フードロスを減らすことを意識する
  • 冷蔵庫にある食材から献立を考える
  • 食材別にお店を使い分ける
  • 外食よりもおうちごはんの割合を多くする
  • キャッシュレス決済で支払う
  • 野菜は作り置きおかずに

食費を節約する9つの方法について紹介してきました

お金持ちになるためには見直すべきお金の流れになります

ぜひこの記事を機会に、食費を見直してみましょう!

Twitter「@KyoSideworker」でもお役立ち情報を配信しています

ぜひフォローをお願いいたします!

その際には、ぜひ一言いただけると嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました