見出しタグを疎かにしていませんか?見出しタグの使い分けを解説

見出しタグを疎かにしていませんか?見出しタグの使い分けを解説の画像 小ネタ
この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益化を目指しています!
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

 

WordPressでブログを運営しています。見出しタグh2〜h4について教えてください。

 

今回は見出しについての解説記事です

 

ルールとして

・h1は1回しか使ってはいけない
・h2の次はh3を使う

という流れは知っていても、その理由まで詳しく知っている人はどれくらいでしょう

 

ということで、この記事ではh1~h4までの使い方などについて解説していきます

 

h1タグ

この記事を使って説明していきます

 

 

h1タグは、大見出しとして利用されます

テーマやタイトルですね

 

コード上ではこのように表記されています

 

通常、読者が見る画面ではこちらですね

 

テーマを自作したり、コードを直書きしない限りは忘れることがないタグになります

 

ブログ初心者はワードプレスのテーマを利用しているはずなので、h1タグについては意識せずに使えています

 

タイトルを入れるだけですからね

 

ブログ初心者が大事なのは、どのようなタイトルにすれば読んでもらえるのか、という点

 

今回の記事の趣旨からは外れてしまうので解説はしませんが、別記事で解説します

 

h2タグ

h2タグは、中見出しとして利用されます

 

国語で学んだ「」というものですね

 

コード上ではこのように表記されています

 

通常、読者が見る画面ではこちらです

 

記事の目次になる重要な部分です

 

h2タグが抜けているということは、本でいうと目次が抜け落ちている状態

 

そんな本が売られていたらどうでしょう

 

自分の知りたい情報がどこに書いてあるのか、探すだけで大変ですよね

 

人によっては読まない、ということにもなりかねません

 

せっかく、頑張って書いた記事、良質な記事であっても読まれなければ悲しいですよね

 

ということで、h2タグは忘れずに追加しておきましょう

 

Cocconを利用されている人は、「段落」をクリックして「見出し2」を選んでください

 

それだけで、h2タグが利用できます

 

h3タグ

h3タグは、小見出しとして利用されます

 

h2タグである「章」の下で利用されるので、各章のポイントとして利用されることが多いです

 

といっても、h3タグまで使っている人は記事が長めになる場合のみ

 

記事が短いにも関わらずh3タグを使うと、不必要に長くなってしまいます

 

なので、さらに細かくポイントとして解説したい場合にのみ利用してください

 

Cocconを利用されている人は、「段落」をクリックして「見出し3」を選んでください

 

それだけで、h3タグが利用できます

 

h4タグ

h4タグは、h3タグの補足として利用されます

 

ここまで利用する人はめったにいません

 

その理由は、そこまでかみ砕いて説明するのは論文や専門書ぐらいだからです

 

また、h4タグを利用すると離脱率も高くなる傾向があります

 

その理由は、目次が長くなってしまうから

 

目次で細かくポイントを見ることができるのは利点ですが、そこから読まれることがないので、結果として離脱率が高くなってしまいます

 

タグの基本構成

ここからは、基本構成のおさらいです

 

h1(タイトル)

h2(例:理由1)
h3(複数利用可)

h2(例:理由2)
h3(複数利用可)

h2(まとめ)

 

ブログ記事であれば、h1~h3までの利用で問題がないはずです

 

もしh4まで使っているとしたら、記事の内容を一度見直すのをオススメします

 

長くなりすぎているか、記事の内容がまとまっていないことが理由ですので

 

まとめ

h1タグからh4タグまでの解説をしてきました

それでは、それぞれまとめていきます

 

h1タグ
・大見出しとして利用されており、テーマやタイトルがh1タグに当たる
・ブログ初心者はh1タグを利用しているかではなく、どのようなタイトルにするのかを意識するのが良い
h2タグ
・中見出しとして利用されており、「章」という意味合いが強い
・記事の目次として重要であり、ブログ記事には欠かすことができないタグ
h3タグ
・小見出しとして利用されており、各章のポイントとしての意味合いが強い
・無理してh3タグを使うのではなく、さらにかみ砕いた説明が必要な場合にのみ利用する
h4タグ
・h3タグの補足として利用される
・めったに利用されることがなく、使い方が難しい
・h4タグまで利用している人は記事が長くなっている可能性が高いので、記事の内容を見直す必要がある
・また、記事自体がまとまっていない可能性もあるので、記事の構成自体を見直す必要がある

コメント

タイトルとURLをコピーしました