知っておいて損はない!会社にバレずに副業をする2つの方法とは?

知っておいて損はない!会社にバレずに副業をする2つの方法とは? 副業
この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益化を目指しています!
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

 

副業を行いたいのですが、会社にバレるのは嫌なので、こっそりやる方法を模索中です

今回はこのような人向けの解説記事です

 

この記事を読むことで

  • 会社にバレずに副業をする方法を知ることができる
  • 稼ぎ方のバランスを考えるきっかけになる

 

さて、早速なのですが会社にバレずに副業をする方法は2つ

  • 自分で確定申告をする
  • 確定申告をしないで良い金額に留める

 

それでは一つずつ解説していきます

自分で確定申告をする

通常、会社員の場合には会社が確定申告をしています

 

この確定申告を自分ですることによって、副業をしていても会社にバレることがありません

 

とつぜん、会社に自分で確定申告することを伝えてもバレないの?

と思いますよね

 

自分で確定申告をすることは、変なことでもないですし、特別なことではないのです

 

例えば、医療費控除申請ふるさと納税をしている人は、自分で確定申告をしている場合があります

なので、何も不思議なことではないです

 

手間がかかりますし、面倒ではありますが、副業が会社にバレてしまうよりは良い方法です

 

確定申告が面倒だな、と思う人は、確定申告をしない方向で考えてみましょう

確定申告をしないで良い金額に留める

実は、副業をしていても確定申告をしなくて済む方法があります

 

それは、副収入を年間20万円に留めるという方法

 

給与所得以外の収入が年間20万円を超える場合、確定申告が必要になります

つまり、年間20万円を超えなければよいのです

 

単純計算になりますが、月額1万6666円

1か月で20万円を稼ぐか、月々1万5千円程度稼ぐか

 

どのように稼ぐかは自分で決めることができるので、自由度が高いです

 

まとめ

自分で確定申告をする
医療費控除やふるさと納税をしている人にはオススメ
確定申告をしないで良い金額に留める
年間20万円を超えてはいけないので、自分で稼ぐペースを決めることができる人にオススメ

以上、「知っておいて損はない!会社にバレずに副業をする2つの方法とは?」でした

TwitterのDMでは、

・どのような副業をすれば良いのか

・クラウドソーシングでの受注率を高める方法

・お金持ちになるにはどうすれば良いのか

・単純に話を聴いてもらいたい

などの相談を受け付けています

心理カウンセラーの資格も持っていますので、気軽にご相談ください!

コメント

  1. やまみん より:

    会社にばれないように副業をするには、それなりの苦労がありますね

    • キョウ キョウ より:

      やまみんさん

      コメントいただき、ありがとうございます。
      仰る通り、会社にバレないように副業をするには、それなりに気を付ける必要があります。
      政府が副業を解禁しているとはいえ、会社の制度として整っているのはわずかな企業だけのようです。

タイトルとURLをコピーしました