会社員を続けていてはいけない?会社員であることの4つのデメリット

ビジネス

【質問】
会社員のデメリットとは何でしょう?

 

今回はこのような人向けの記事です

 

結論はこちら 

shinra
shinra

【結論】
会社員の大きなデメリットは、会社というルールに縛られてしまうこと
様々な制約があるので、ある意味では安心です

ですが、

  • 幅広い仕事がしたい
  • 自分で仕事を選びたい
  • お金を大きく稼ぎたい

という人には会社員は窮屈な場所になります

 

以前に会社員のメリットとして記事を書いています

こちらも合わせて読んでみると、メリットとデメリットを知ることができます

 

知るということが大事で、知っていれば

  • 会社員のままでいるのか
  • フリーランスになるのか

を選ぶきっかけに繋がります

 

Twitter「@KyoSideworker」でもお役立ち情報を配信しています

ぜひフォローをお願いいたします!

その際には、ぜひ一言いただけると嬉しいです

 

会社員のデメリット

会社員のデメリットは4つ

 

ルールに縛られることがある

会社員はルールに縛られることが多いです

特に、会社独自の暗黙のルール

これには悩まされることが多いです

 

例えば

  • リモートワーク推奨にも関わらず出社しなくてはいけない雰囲気がある
  • 定時を過ぎても周りの人を見て仕事を手伝わなくてはいけない
  • 有給休暇の申請時に嫌な顔をされるので休みにくい

など

 

ルールに縛られるのが嫌なのであれば、フリーランスになるか、ルールを作る側になるのがおすすめです

 

仕事に関する人間関係に悩むことがある

会社員は付き合う人を選ぶことができません

 

例えば

  • 上司
  • 同僚
  • 後輩
  • お客さん

 

自分で選ぶことができないこそ、そこでの人間関係に悩まされることになります

会社の中でトラブルが起きると、関わりを避けることができません

また、付き合いというのも大事にしなくてはいけないので、食事に誘われることも多い

それを断ると、付き合いが悪いと言われて、仕事に影響することもしばしば

 

適度に人付き合いを考えていかなくてはいけないので、人付き合いが苦手という人にはストレスになるでしょう

 

定年退職による将来の不安がある

会社員には定年退職があります

一般的には65歳まで

もちろん、会社から依頼を受けると延長される場合もあります

ただ、このような人はほんの一部

 

例えば

  • 社内でも特別な資格を持っている
  • 社内外に有益な人脈を持っている
  • 次の世代を教育する能力を持っている

など

 

最近は退職金を支払うという企業が少なくなっています

そのため、定年退職を迎えたとしても退職金が入らない

それが影響して老後の貧困にも繋がっているようです

老後に永遠と働くのが嫌だという人は、身の振り方を考えるのをおすすめします

 

給与が上がりにくいという特徴がある

会社員は給与が上がりにくいです

また、頑張っても給与の上限が決まっているのも会社員の特徴

 

その中でも給与を上げる方法としては

  • 役職に就く
  • 転職をする
  • 資格手当をもらう

など

 

給与をあげるためには転職が一番手っ取り早いですが、簡単に転職できないという職種や業種もあります

 

自分が使える時間を最大限に活用して、副業に取り組むことで収入を増やしていくという方法も

 

まとめ

  • 制約に縛られることがある
  • 仕事に関する人間関係に悩むことがある
  • 定年退職による将来の不安がある
  • 給与が上がりにくいという特徴がある

 

会社員を続けていてはいけない?会社員であることの4つのデメリットについてでした

コメント

タイトルとURLをコピーしました