節約するには家計簿をつけた方が良い?家計簿を続ける5つのコツ

家計簿を続ける5つのコツ 節約

【家計簿についての質問】
家計簿をつけるのと、家計簿をつけないのは、どっちが良いのでしょうか?

 

今回は、このような質問について回答していきます

 

shinra

結論としては、【家計簿を付けた方が良い】です

理由としては2つ

  • 1つ目に、お金の流れを知ることができる
  • 2つ目に、無駄が把握できて家計の見直しができる

とはいえ、家計簿って続かないんですよね

 

  • 【家計簿が続かない】
  • 【家計簿を付ける気がない】
  • 【家計簿ってめんどくさい】

このような人向けの記事となっています

 

今回ご紹介するのは、家計簿を続ける5つのコツ

1つのコツであっても役立つ情報を解説していますので、参考になれば嬉しいです

それでは早速、解説していきます

 

この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益の積み上げが出来ています。
また、マネーリテラシーを高めることで、1年で200万(100万の株式資産・100万の預金)を貯めることができました。
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

 

家計簿をつける目的・目標を決めておくこと

1つ目のコツは、家計簿をつける目的・目標を決めておくこと

 

家計簿が続かない理由として、目標もなく、ただただ記録することだけが目的となってしまっていることが挙げられます

 

目標がないまま家計簿をつけるということは、ゴールがないマラソンに参加しているようなもの
終わりがない、ということです

家計簿が続いている人は、目標がしっかりしています

 

例えば

  • 1年で100万を貯める
  • 10年後に家を購入する
  • 5年後に子供の大学進学が待ち受けている

など

 

いつまでにいくらのお金を貯めるのか、という目標を達成するためには、まずは現状を知ることがとても大切なのです

そのための、家計簿になります

 

家計簿をつけよう

ではなく

この目標があるから家計簿をつけよう

という気持ちの方が続いていきます

 

細かい項目にはこだわらないこと

2つ目のコツは、細かい項目にはこだわらないこと

 

家計簿の続かない理由として、項目が多くて細かい仕分けに疲れてしまうことが挙げられます

 

食費・雑費・服飾費・光熱費、などなど

細かくすると、項目が多すぎて嫌になってきます

考えるのも面倒ですし、レシートを逐一考えるのも大変

なので、ここはざっくりと大まかに分類してみましょう

 

私は以下の項目のみに絞っています

  • 食費
  • 日用品費
  • 固定費
  • 雑費

これだけならできそうな気がしませんか?

余裕が出てきたら、別の費用項目を増やしていくといいですよ

 

細かい金額にはこだわらないこと

3つ目のコツは、細かい金額にはこだわらないこと

 

家計簿って、1円でもズレているとダメ、というイメージありませんか?

 

アニメなどで、お母さんが1円ズレてる!と言って騒いでいるシーンもあって、ズレがあってはいけないというイメージが刷り込まれているかもしれませんね

実は、この刷り込みも家計簿が続かない理由の一つ

 

1円単位で残高を合わせようとすると、どうしても無理がでてきてしまいます

家計簿の目的は、残高と合わせることではなく、どれだけの支出があるのかを把握すること

その目的から外れたことは、気にしないようにしましょう

 

定期的に家計簿を振り返る時間を作ること

4つ目のコツは、定期的に家計簿を振り返る時間を作ること

 

振り返る時間を作らないと、家計簿を付けている意味がないですよね

 

ここで振り返るポイントは2つ

家計簿を付けることがストレスになっていないかということ

家計簿を付けている人の多くは、毎月の支出額を把握するのがストレスになります

なので、ストレスになっているのであれば項目を少なくするのがオススメです

 

無駄遣いのパターンを見つけること

例えば

 

 

食費の割合が多い

 

この場合は、食費を見直すのがオススメ

 

雑費の割合が多い

この場合は、項目を増やしたり、同じお店のレシートを見直すのがオススメ

項目を増やすことで、雑費の中でも使っている金額が何なのかが明確になります

同じお店のレシートを見直すことで、何を購入しがちなのかパターンを見つけることができます

 

このように無駄を見つけることができれば、どのようにして減らすことができるのかを考えるだけです

 

自分に合った家計簿を使うこと

5つ目のコツは、自分に合った家計簿を使うこと

 

自分に合った家計簿を使わないと、準備した意味がないですからね

簡単だったり、便利だったりと選ぶ基準がいろいろあります

ここでは、3種類の家計簿についてご紹介します

 

アプリ

1つ目はアプリ

 

家計簿アプリを使うことで、スキマ時間に簡単に家計簿を付けることができます

しかも、レシートの画像を撮ることで、自動的に読み込んで記録を付けてくれます

また、銀行口座やクレジットカードと連携させることで、残高も自動的に計算してくれるす優れもの

私も、家計簿アプリを利用しています

 

エクセル

2つ目はエクセル

 

事務作業が得意、という人にはこちらの方法もオススメです

 

エクセルで家計簿をつける人が面倒だと感じるのが、このテンプレートを作るという作業
ですが、家計簿として利用できるエクセルのテンプレートがいくつもあります

 

それをダウンロードして利用することで、一からテンプレートを作らなくて済みます

スマホアプリを使うのが苦手という人や、まとまった時間がとれるという人が良いですね

 

ノート

3つ目はノート

 

古典的ではありますが、家計簿をつけているという意識が強いのがノートです

いちいちノートを開いて家計簿をつけるって面倒だと思いますよね?

でも、レシートを貼り付けることができるという素晴らしい機能があります

この機能を使うと、その時には家計簿をつけることができなくても、後で記入することができるので、週末などまとまった時間を作ることができる人向け

 

まとめ

  • 家計簿をつける目的・目標を決めておくこと
  • 細かい項目にはこだわらないこと
  • 細かい金額にはこだわらないこと
  • 定期的に家計簿を振り返る時間を作ること
  • 自分に合った家計簿を使うこと

家計簿を続ける5つのコツについて紹介してきました

お金持ちになるためには見直すべきお金の流れになります

ぜひこの記事を機会に、家計簿をつけてみましょう!

Twitter「@KyoSideworker」でもお役立ち情報を配信しています

ぜひフォローをお願いいたします!

その際には、ぜひ一言いただけると嬉しいです

コメント

タイトルとURLをコピーしました