フリーランスはリスクしかない?フリーランスになるメリット5選

ビジネス

【質問】
企業を辞めてフリーランスになるメリットはありますか?

 

shinra
shinra

【答え】
もちろん、メリットはあります
企業からフリーランスになる時には
・副業として進めていた仕事をメインとしていきたい
・自分が持っているスキルを後ろ盾がない状態で試したい
・様々なスキルを身に付けたい
などの理由が大切です

 

私自身、約10年前(この記事投稿時)に新卒として会社に入社しました

しかし、仕事をしていく中で、合わないなと感じるように

留めの一言を先輩から受けてしまい、「無理!」となったのもあり、フリーランスに転身しました

フリーランスになって1年ほどで、とある会社からオファーをいただいて

それがきっかけで、同じ会社ではありませんが、会社員として復帰しています

今回は、フリーランスをやってみてメリットだと感じたことも含めて解説しています

 

この記事を書いている僕は、1年でWebライティング案件(300件)を受注してきました。
現在は、複業の一つとして当ブログを運営しており、収益の積み上げが出来ています。
また、マネーリテラシーを高めることで、1年で200万(100万の株式資産・100万の預金)を貯めることができました。
絶賛、フォロワー(@KyoSideworker)を募集中なので、記事が良ければフォローしていただけると嬉しいです。
※2020年6月2日にアドセンス申請が通りました。

 

 

フリーランスのメリット

メリットは5つ

 

高収入を目指せる可能性がある

フリーランスは会社員と違って高収入を目指せる可能性が高いです

 

会社員であれば昇格したり転職をする必要がありますが、フリーランスには昇格や転職という概念がありません

 

その代わり、請け負う仕事や仕事量を調節することで、会社員では手が届かない高収入を手にすることも

 

調べてみると、最高月収として300万を越えた人もいるようです

 

能力次第であったり、働いた分だけ給与という数字になって返ってくるのが、フリーランスの良いところだと捉えています

 

仕事を選ぶことができる

会社員はやるべき仕事が決まっています

しかし、フリーランスは自分で案件を選ぶことができる

 

つまり、仕事を選ぶことができるので、既にお伝えしている「高収入を目指せる可能性」に繋がります

 

  • この仕事はやりたい内容ではない
  • この仕事は単価に見合わない
  • この仕事はスキルアップできそう

など

 

ライフスタイルに自由を加えることができる

会社員でもテレワークやフレックス制が導入されているので、以前よりも自由が手に入るようになりました

しかし、それでもフリーランスの比ではないですね

フリーランスになると、働き方の自由度を自分で決めることができます

 

  • 働く時間を自分で決めることができる
  • 働く場所を自分で決めることができる

など

 

プライベートとのバランスが取りやすいので、ワークライフバランスを大事にしている人にはオススメ

 

年齢に関係なく働くことができる

会社員では定年というのが存在します

一般的には65歳

もちろん、会社の制度によって長く働くことも可能

しかし、フリーランスは定年がありません

つまり、一生涯を現役として活動することもできてしまう

 

高齢の女性がプログラミングを学んでアプリを公開したり、パソコンやスマホの扱いに困っている人のサポートをしているというニュースを見たことがあります

 

このように、年齢に関係なく働くことができるのが良いですね

 

実力を付けたりやスキルをアップすることができる

フリーランスは案件を獲得する営業からサポートまで、幅広く対応する必要があります

そのため、1案件毎に実力を身に付けることができる

また、数多くのスキルを身に付ける必要が出てくるので、必然的にスキルアップにも繋がります

 

まとめ

それでは、今回のまとめです!

 

  • 高収入を目指せる可能性がある
  • 仕事を選ぶことができる
  • ライフスタイルに自由を加えることができる
  • 年齢に関係なく働くことができる
  • 実力やスキルをアップすることができる

 

以上、フリーランスはリスクしかない?フリーランスになるメリット5選についての解説でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました